台湾旅行

いってきました台湾・台北
はーよく歩いた。
地下鉄をつかった結果です。
イージーカード、バスはどこいくかわからないからのれない。
タクシーも安かったけどいきたいとこが
たいてい駅の周りだったからのらず。
走ってるタクシーはトヨタばっかり。
あらためて軽自動車は日本規格であることにきづき、
これまたはしりまわってるバイクの群れは日本で言う
軽自動車みたいなものかと納得。


なんつーかいくとこいくとこ日本人にかこまれ、
日本人が集められ、
まちで日本語で話しかけられ、
ここはどこでしょーか。


で、もどってきてから
いつもの通り天神のジュンク堂に寄って
台湾の歴史のコーナーにいってみたわけですが、
228事件、はじめて知りました。
朝、散歩をしててその名前の公園にいったんですが。


総督府もみました。外からですが。
こーれーはー


街の中心部にいまも日本の名残が
韓国以上にのこってます。
ジュンク堂でよんだ漫画に
「犬(日本)の次はブタ(中国)がきた」が印象的でした。


戦争が終わってから、
日本以外の中国、台湾、韓国は内戦、内乱?が続いていたんですね・・・
改めてそういうのを考えてたら気分はブルー。


1回には戦後70年の特集コーナーがあって、
山川のブックレットでこんなのがあって、


台湾の初代総督樺山資紀ってこれ
白洲正子のじいちゃんじゃないですか。
まーーーーーーーーーーーー
しらんかった。
学生時代に白洲正子の自叙伝?よんで、
この顔には見覚えありでしたが、
薩摩出身以外気にも留めてなかったんだけど。
ありゃー。




★メモ

こんかいもやらかした、駆け込み乗車(飛行機ね)
空港にははやくついたけどのんびりご飯食べてて、
お土産をみにいくという友達とゲートでまちあわせってことにして
ようやく食べ終わって出国のとこいったら長蛇の列。いろは坂状態。
職員さんもいないし、やーばーいーと思って、さすがにゲートがしまる10分まえになったところで職員さんに
ヘルプミーといったら、この飛行機でるのは定刻の10分じゃなくて15分だから大丈夫とか、
どこが大丈夫なんかわからんけど大丈夫と言うのでならんで
通過したらゲートまでダッシュしました。
ゲートが近い?台湾の航空会社でよかったよ。
途中でトランシーバー持ってる職員さんがいたから
声かけようかと思ったけどとにかく走りまして
まじで駆け込み乗車。


パスポートをかざして即行ででていけるのは台湾人オンリーで日本人あっちといわれたんだけど
台湾人も並んでたんですよね。


出発の何時間前にこいというのはそういうことかと
ようやく今回になってわかった私でした。
出国検査こえてからのんびりしようね自分。
3回目だし。