トレックFX3を車に積んでお出かけ

最初は峠の道の駅に車を置いて行こうかと思ったけど
体調の関係で街中までいって、さらっと乗って終了。
いや目的は美術館だったので。


後ろの座席を倒して、
両輪を外さないとつめない
私の小さいマーチ。


今日はあえて狭い山道(距離は短いが時間はかかる)を通ったんだけど、
いきなりバイカーがたくさんやってきて嫌な感じ。
車すれ違いぎりぎりの幅しかない道路だから、
バイクがふくらんでくると怖い。


空は青く、たんぼは黄色く、赤い屋根瓦、
人生下り坂サイコー@自車からの眺め


で、美術館をあとにして
図書館でうどんとおにぎりを食す。
美術館周辺でまともな食べ物屋がないのだ。
観光地にもかかわらずだ!
以前2軒まわっての結論だ。
日比谷図書館の食堂思い出したけど、
ここは15人くらいしか入れない感じ。


図書館のオリジナルバッグいいなー
と思うけど、もうトートいっぱいあるし、
小さいサイズのがいいなとおもったからあきらめる。


で、スーパーとか本屋が集まってるところの駐車場で
自転車にタイヤをはめる。
美術館も図書館も駐車場が狭く、
ほかは有料しかないから、こうするしかないw


で、商店街を目指してすすむ。
バスセンターで観光地図をもらおうかと思ったけど
路線図しかないといわれる。
まじか!
観光地の土産物やなのにそういうもんか。
で家族に頼まれてた菓子を購入。
少し乗って商店街入口のところの?屋さんで
カステラをかう。
商店街は…シャッター通りだー
でも前の印象と少し違う。
シャッター通りでも
なんちゅうか黴臭くないというか
妙に整ったシャッター通りというか。
乾いたシャッター通りというか。


看板みて伝統建造物????目指して
海のほうに向かう。
なんか川越の菓子屋横丁的なたたずまいなんだけど
建物の説明の看板があるだけで
人が歩いていないし、観光客が入るような店がない。
かまぼこやさんが1軒あいてたくらいか。
もったいないなー。
銀行の支店もあるから
そこそこ商売の町なんだろう。
いや港町だしね。
でも、ねー。


で、港にでてみまわすとフェリー乗り場が!
ここだったのかー。
海の色がすごかったので岸壁までみにいく。
濃い青、エメラルドグリーン、透明な色的な。
やっぱ海は日本海だわ。
来年の海水浴はここにくるわ。
今年は瀬戸内海で撃沈したのでリベンジだわ。


で砂浜&海岸みながらサイクリング
すごい風で砂浜舞い上がってたけど
いいわー
松の木陰で本読んでる人までいて
もっといいわー
しかしすぐ腕がべとべとしてくるんだよね。
さすが海辺という感じ。
なのに砂浜に自転車つっこむんだからねー。


で、また市街地にもどってぷらぷらしてるうちに
かえらないとーとなって、
スーパーで買い物して、
道の駅で買い物して帰りました。


ソフトクリームなめながら車まで戻ると
まじめなチャリダーっつかレーサーが、
ほかがあいてるのに私の車の前にとまって休憩してる謎。
自転車みえたからかなー。
でも歩道走るなんて!
車道幅ないからしかたないけど
がたがたの歩道走るのは危険すぎる。


県知事がいきなりサイクリングもちあげはじめて
なんだろなとおもったけど
ハードがなかなか


で、山道なんですが、
なぜみんなきゅっこらきゅっこらブレーキ踏むんじゃーーーーー
ブレーキシューけずりまくりじゃろうがー
さらに高齢者の運転怖すぎて
途中止まって間をあけたりして、
2ドライブにしても追いついてしまう!!!!!!


で、話を自転車に戻しますが、
砂浜に突入したこともあり、
全体をみたんですが、
錆が。いや、砂浜以前にできたものですが錆が。
ランドナーの時、こんなさびすぐにはできませんでしたよ?
ま、当時は毎日はのってなかったけど!

アウターの歯の裏が、なんでアウターなんかわからんけど
けずれてさびさび。
ハンドルのバーを固定してるところ。
日本のねじもさびさび。
もうびっくりしましたー。